田舎暮らしを始めて17年 スローライフを楽しんでいます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護保険料
15日は2ヶ月に1度のお給料日(年金の支給日)
楽しみにしているというのに
介護保険料の通知が届いた。

これは夫の保険料
003 (2)
そして私の保険料
006.jpg
このような通知が届くたびに
夫は
「高すぎる」とつぶやく。私も黙ってうなずきます。

私には受け取る年金がありません。
勤めたり、パートに行ったり、少しの間自分で仕事をしたりと
厚生年金と国民年金を何度も往復しているのです。
昔はそのたびに年金番号が変わり新しい年金手帳が交付されました。
厚生年金をやめるたびに国民年金の手続きをしなければならなかったのです。
ついうっかりと手続きを忘れて、私は何年も保険料を支払うことがなく
13年分くらいしか支払っていません。
サラリーマンの妻の手続きさえしていなかったのです。
あるとき突然、保険料を支払ってくださいと、振り込み用紙が
何冊も束になって届きました。
その時には未払いの保険料は百万単位になってしまっていました。
子育てで一番お金のかかる時期だったのでそんな余裕はなく
そのまま支払うことなく、老後を迎えたのです。

わが家の年金は夫の年金分だけです。
それでも、健康保険(高齢者保険)は二人分(2件)
介護保険料も同じく二人分(2件)
受け取る年金の額からすると、かなりの負担です。

お若い方・・
もし保険料が支払えない時は
免除の申請を忘れないでくださいね。
免除の申請をしていれば保険料を支払わなくても年金はもらえます。
私のように13年くらい支払っていても、それでは全く支払っていないのと同じなのです。
25年間支払っていないと年金はもらえません。
でも免除の申請さえしていれば、ちゃんと年金はもらえるのです。
例えば25年間、ずっと免除の申請をしているだけでももらえるのです。
若いころにはそんな知識さえなくて、そのまま放置していた自分のせいで
私には今受け取るべき年金がありません。
なんとなく納得のいかない仕組みだけど、悪法もまた法なり。
ルールには従わなければなりません。

今月の年金から
私はこの年金でどのように生活しているか、公開していきたいと思います。
世間の片隅で
夫婦二人 年金で生きている私たちの、家計簿の公開です。
ささやかですが、何かに抵抗したいと、始めて見たいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

はじめまして、どーもとと申します。

コミュニティから訪問させていただきました。



今でこそ年金の切り替えの周知などもするようになっていますが、社保庁時代は本当にひどかったと聞きます。(今も不親切なことはたくさんありますが…)


現状の大変さをお察しします。
個人的には介護保険料もそうですが、老齢年金に課税するのもどうかと思います。


複数の年金番号をお持ちだったとのことですが、期間の確認はされましたでしょうか?
ご存知かもしれませんが、今の基礎年金番号への統合漏れや合算対象期間(年金額には反映されませんが、加入期間に含めることができる期間)がある可能性もありますので、もし確認されていなければ、お近くの年金事務所でご確認されてはいかがでしょうか。


こちらも知っておられるかもしれませんが、政府は年金の受給資格期間を10年に短縮する方針のようですので、その時はお手続きをして受給してくださいね。
おそらく、その時になれば年金機構から通知が来ると思いますが…


いろいろと書いてしまい申し訳ございませんでした。
私はブログ主さまのような、今の日本社会を築いてきてくださった方々への恩返しだと思って、年金をはじめ各種保険料をしっかりと払っていきたいと思います。


長文失礼いたしました。
どーもと | URL | 2016/08/19/Fri 00:13 [編集]
Re: タイトルなし
どーもと様
コメントありがとうございます。
拝見させていただき、改めて知らないことが多いことを知りました。
期間の確認は何度かしましたが
夫が転勤族だったので、それを追いかけるのも大変なら
厚生年金と、国民年金を追いかけるのも大変でした。
いろいろ調べましたが、それでもまだ出てきていないものがあるかもしれません。
もう一度確認してみますね。

受給資格期間を10年に短縮する日が来るらしいとのことですが
私は、支払った期間はせめて受給させてほしいな~と思いました。
保険料の免除制度があるくらいなら
少しでも支払った人に年金をくれないかな~なんて思うことも・・・
でも、今更ですね。

お若い方が一生懸命、私たちを支えてくださっているのですから
主人の年金があることだけでも感謝しなければと思うようにしております。

お優しいコメント
ひと時暖かい気持ちになりました。
ありがとうございます。

おばあちゃん | URL | 2016/08/20/Sat 00:22 [編集]
Copyright © おばあちゃんのひとり言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。