FC2ブログ
田舎暮らしを始めて17年 スローライフを楽しんでいます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

買い物
久し振りの買い物
たまの外出は楽しくて、心が弾みます。
ディスカウントスーパーに行ってみました。

店の中に入ってから、ずっと同じように同じ通路を買い物に歩く初老の男性がいました。
なんとなく気になって、つい人様のかごの中を見てしまいました(反省)
今夜の夕食らしきお惣菜が一つ・・
あ~今夜のご飯のおかずだ!と、なんだかうれしかったです。

再び、そばに来ることがあり、同じ通路の同じ棚から、その人も商品を手に取っていたのですが
私は買うものをかごに入れ、その場を離れようとした時
「ん~~」と小さな声が聞こえて、その人は手に持ったものを又商品棚に返しました。
何度かそれを繰り返していたので、少し気になりましたが、
私は自分の買い物に夢中。

私は買い物の時、商品の値段を見ないで買い物をするので
(なかなか町まで買い物に来るチャンスがないので、大切なのは賞味期限
商品の値段を見るよりも買うことが絶対必要なのです)
町の中に住んで、お値段を比べることのできる人がうらやましいくらいでした。

並んだレジで・・・切ないものを見てしまいました。
その初老の男性が、2つの商品をお会計!
お財布から、出したお金が少し足りません。
小銭を一生懸命数える姿がやるせなく、見ているのが辛かった・・・・
結局、一つ商品を返し、一つの商品だけをお会計。
途中から
私はずっと下を向いて、その人を見ることができませんでした。

ひたすらに ひたむきに生きてきた若い時代を過ぎ
たった二つのお惣菜さえ買えない初老の生活・・・・・
切なく・・・胸を締め付けられます。

何もできない非力な自分に・・・少し悔しさを感じました・・・・・

国は・・・何をしているのだろうか・・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

Copyright © おばあちゃんのひとり言. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。